こども病院の医師募集

こども病院医師求人TOP >> こども病院の医師募集 >> 京都府立医科大学附属小児疾患研究施設

京都府立医科大学附属小児疾患研究施設の医師募集

京都府こども病院の相性で知られている京都府立医科大学附属小児疾患研究施設は、もともとは小児特有の病気における研究や診療を行うための研究施設として1982年に開設された医療機関です。小児を専門に取り扱う病院は京都府内では京都府立医科大学附属小児疾患研究施設が唯一の機関となっていて、府内や周辺地域から多くの患者さんが足を運んでいます。京都府立医科大学の大学病院として機能しているため、ここで働く医師の給料や待遇は、大学病院の規程に基づいて決められることになります。一般的に、資金源が豊富な大学病院で働く場合には、待遇や給料面でかなりの高待遇が期待できますが、大学病院によっては教授などの役職にならないと正職員として採用してもらえないこともありますし、殆どの医師が非常勤雇用として働いており、医局を通してアルバイトをすることも多いようです。こうした大学病院特有の慣習を理解している人ならそれほど衝撃を受けることはありませんが、これまで正職員として働いてきた医師にとっては、新しい職場環境や慣習が精神的な負担になってしまうことがあるかもしれません。あらかじめしっかりリサーチしたほうが良いでしょう。

京都府立医科大学附属小児疾患研究施設は、大きく分類すると3つの部門に分けられます。小児循環器系の疾患や川崎病、腎臓疾患などを取り扱う小児内科部門、先天的な奇形や固形腫瘍などを取り扱う外科部門、そしてもう一つ外科第2部門では小児における心臓外科を専門に研究活動が行われています。これらの分野でキャリアアップをしたい人や、たくさんの症例を学んで実力を付けたい人にとっては、最先端の高度医療機器が完備されている京都府立医科大学附属小児疾患研究施設は、まさに理想的な転職先と言えます。

京都府立医科大学附属小児疾患研究施設は、ほかのこども病院と比べると多忙を極める職場となっています。年間の入院患者数は17,000人〜18,000人にも及び、一日当たり1万人以上の患者さんが外来として訪れます。忙しい中でも症例を勉強したいとかキャリアアップしたいという前向きな姿勢を持っていることが、京都府立医科大学附属小児疾患研究施設で働き続けられるために必要不可欠な条件と言えるでしょう。精神的にも肉体的にもタフであることが求められる職場です。また、国際交流も豊かで、アメリカや韓国、スイス、モンゴルなどたくさんの国の医療機関と提携を結んでいます。海外で医療を経験してみたい人にとっても人気が高い転職先です。

こども病院の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP


Copyright (C) 2016-2018 こども病院医師求人ナビ【※推奨サイト比較など】 All Rights Reserved.