こども病院の医師の仕事内容

こども病院医師求人TOP >> こども病院の医師転職情報 >> こども病院の医師の仕事内容

こども病院の医師の仕事内容

こども病院は患者さん全員が、生まれたばかりの新生児から中学校を卒業するぐらいまでの年齢という点は共通しているものの、症状や疾病は様々です。小児科を専門とする医師にとっては、毎日職務の中でたくさんの症例を勉強することができるので、こども病院で働くことによって小児科医としての知識を深めることができますし、短期間でも実力をアップすることができます。こども病院の場合、一般の病院のように診療科が細かく分類されていることが少ないのですが、働いている医師の全てが小児科医というわけではありません。こども病院に入院している患者さんの中には未熟児も多く、循環器や形成外科に関する設備が完備されている病院がたくさんあり、こうした診療科目を専門にする医師の中には、より専門的な技術を学びたいとこども病院への転職を希望する人がたくさんいます。

大人の患者さんを扱う病院では、緊急性がなくなった患者さんだと退院してもらったり、別の療養型の病院へ転院してもらうという対応が一般的です。これは急性型病院では次々と新しい患者さんが運ばれてくるため、病床をあけなければいけないという病院側の事情があります。しかしこども病院では、緊急性がなくなっても経過観察ということで患者さんが長期間入院することが多く、働く医師にとっては患者さんと毎日のコミュニケーションや診察を通して、人間関係を築くことができるというメリットがあります。それが満足感や達成感、充実感につながり、医師としての仕事に満足する人が多い理由となっています。

こども病院だからと言って、医師の仕事内容が一般の病院と大きく異なることはありません。病院には入院している患者さんがいて、看護は看護師が行いますし、その他たくさんの医療スタッフが働いています。医師の仕事は、外来診療を担当すれば毎日外来の患者さんを診察することになりますし、病棟管理を行うなら病棟で入院している患者さんの治療にあたることになります。外来のみを行う場合には、忙しければ残業が多くて帰宅時間が遅くなってしまう職場も多いようですが、当直がないため比較的規則正しい生活を送ることができます。一方、病棟管理を担当する場合には、当直夜勤があるため、勤務時間が不規則になってしまうという特徴があります。仕事探しをする際には、自分がどんな風に働きたいのかを具体的にイメージしながらピッタリの仕事を探す転職活動をするのがおススメです。

こども病院の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP


Copyright (C) 2016-2018 こども病院医師求人ナビ【※推奨サイト比較など】 All Rights Reserved.