こども病院の医師の待遇・福利厚生

こども病院医師求人TOP >> こども病院の医師転職情報 >> こども病院の医師の待遇・福利厚生

こども病院の医師の待遇・福利厚生

こども病院は、全国各地にたくさんあり、医師の待遇や福利厚生は病院ごとに異なります。給料や年収という面では、私立病院や大学病院に併設されている小児科やこども病院などが良い傾向にありますが、国公立病院でも規模が大きな病院や、最新の医療機器が完備されているような病院だと、医師の待遇はかなり良いことが多いようです。一方、規模が小さな病院では、医師の給料は低めになってしまうことがありますが、そうした場合には周辺の物価が低くて暮らしやすかったり、福利厚生で住宅費の補助などがシッカリしていることもあり、必ずしも給料が低いお仕事は暮らしにくいというわけではありません。給料や待遇という数字だけにとらわれず、周囲の環境や働きやすさなども含めて多方向から仕事を具体的にイメージしたいものです。

福利厚生ですが、これはこども病院で働く医師かどうかというよりは、雇用形態によって大きく異なります。正職員として働いている場合には、病院側の福利厚生が適用されますから、基本給の他に資格手当や当直手当、残業手当や住宅手当など各種手当が上乗せされることになります。しかし、パートや人材派遣など非常勤雇用で働いている場合には、こうした福利厚生の対象外となってしまうため、契約した時給に勤務時間をかけてお給料が計算されることになります。医師の仕事に限ったことではありませんが、パートや人材派遣などでは勤務時間が短かったり契約期間があらかじめ決まっていたりしてフレキシブルに働きやすいというメリットはありますが、長く勤めようと考えている職場なら正職員として働いたほうがメリットは大きくなります。

こども病院で働く場合、立地条件によってマイカー通勤が認められていることもあります。残業や当直などが多い医師にとっては、疲れている体を引きずりながら公共の交通手段で通勤するのは大変なものです。また、帰宅時間によっては最終バスや終電がなくなってしまうかもしれません。そうした場合のことも考えながら、どこのこども病院で働くのか、通勤手段なども含めた転職先選びが必要となります。

医師のお仕事は激務となることが多いですし、病院によっては一定の役職ポジションにならない限りは正職員として雇用していないことも少なくありません。正職員の仕事を探していても、その病院でほとんどの医師がパートとして働いている所だと、いくら待っても希望にかなう求人募集が出てきません。いろいろリサーチをしながら、自分にとって働きやすい職場を見つけたいものです。

こども病院の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP


Copyright (C) 2016-2018 こども病院医師求人ナビ【※推奨サイト比較など】 All Rights Reserved.