こども病院の医師の年収・給料

こども病院医師求人TOP >> こども病院の医師転職情報 >> こども病院の医師の年収・給料

こども病院の医師の年収・給料

こども病院に勤務する医師の年収や給料は、その病院の規程によって異なります。患者さんが小児のみのこども病院だから他の一般病院と比べると医師の給料が高いとか低いということはなく、病院の規程によって決まることが多くなっています。同じ病院で働く医師でも、資格を取得したばかりの研修医とベテラン医師とでは当然ですが年収は異なりますし、経験者を対象とする中途採用を行う場合でも、病院ごとに給料や年収は異なりますから、転職活動ではそうした点もしっかり比較検討しながらどの病院で働くかを決めなければいけません。

こども病院は北は北海道にある北海道立子ども総合医療・療育センターから南は沖縄県にある沖縄県立南部医療センター・こども医療センターと全国各地にたくさんあります。国立病院や公立病院が多いのですが、そうではない病院もあり、お給料形態も異なっています。一般的に病院勤務の医師でお給料が高待遇と言われているのは、大学病院や規模が大きな私立病院などで、その次に規模が大きな都市部の国公立の病院と言われています。地方にあって規模がそれほど大きくない病院だと、年収や給料面では大学病院のように資金源が豊かな医療機関と比べて低くなってしまうことが多いようです。こども病院で働き、高年収を稼ぎたい人なら、都市部にあって規模が大きな病院を探すと良いかもしれませんね。また、救急救命科が設置されていたり、高額な最先端医療機器が充実しているような医療機関も、そこで働く医師の給料はかなり優遇されていることが多いようです。

国公立のこども病院で働く場合、医師は公務員という扱いになるため、公務員の医師給料規定に基づいた年収を受け取ることになります。公務員だと、給料が安定していたり定年退職の際にはまとまった金額の退職金を受け取ることができるなどのメリットがありますが、公務員のアルバイトは法律で禁止されているため、国公立のこども病院で働く医師の場合には、他の病院の医師が行っているようなアルバイトをすることはできなくなってしまいます。転職する前に、そうした点はあらかじめ理解しておいた方が良いでしょう。また、手術の際に患者家族から受け取る謝礼金なども、公務員の場合には受け取ると賄賂という違法行為になってしまうため、受け取ることは一切禁止されています。私立病院の場合には、そうした謝礼を受け取っても病院の規程に反していなければ問題ないのですが、国公立の病院では病院の規程の他に法律で決められているルールもあり、守らなければいけません。

こども病院の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP


Copyright (C) 2016-2018 こども病院医師求人ナビ【※推奨サイト比較など】 All Rights Reserved.