こども病院の医師の採用基準

こども病院医師求人TOP >> こども病院の医師転職情報 >> こども病院の医師の採用基準

こども病院の医師の採用基準

こども病院で働く医師の採用基準は、それぞれの病院が求めているスキルや経験を持つ人材ということになります。病院の中には、研修医を受け入れている所がたくさんありますから、経験がなくても研修医として仕事を始めることは可能ですし、経験豊かなベテラン医師の場合には、実力や経験を買ってくれるこども病院への転職をしたほうが、待遇面や給料面が期待できます。大企業のように毎年一定数の新人医師を受け入れているという病院はこども病院に限ってはそれほど多くないため、基本的には中途採用での転職をすることになります。どんなポジションが空いたかによって、どのような待遇や給料で医師の求人募集が出されるかが異なるため、自分の経験や実力を客観的に把握しながらピッタリの仕事を見つけたいものです。

こども病院では、患者さんは新生児から中学校卒業ぐらいまでの年代となるため、「子供が好き」という要素は採用に際しては大前提となります。しかし、子供が好きなら誰でもこども病院での仕事が務まるかと言えば、決してそういうわけではなく、患者さんの体が小さいために苦労することは多いですし、大人のようにはっきりと病状や変化を伝えられない患者さんだからこそ、わずかな変化も見逃さない眼力などが求められます。

一般の病院にも小児の患者さんは入院しています。しかし、たくさんある診療科の中で小児科という一つの診療科目になるため、病床の数はどうしても少なくなってしまいます。しかし、こども病院なら入院患者すべてが小児科に該当しますし、病院全体が小児病棟と考えることもできるため、たくさんの症例を勉強することができます。そのため、 こども病院で働く医師の採用基準の一つには、多忙を極める環境の中でも、常に勉強をして医師としての実力を付けたいと前向きな姿勢を持っている点があげられます。マイペースで仕事をしたいとか、家庭と仕事を両立したいという人にとっては、こども病院でのお仕事は精神的にも体力的にも大きな負担になってしまうかもしれません。

また、こども病院では、患者さんは全て子供なので、患者さんの保護者とのコミュニケーションも必要となります。医師は看護師ほど患者さんの保護者と深くかかわる機会は少ないですが、患者さんと一対一というだけではないため、コミュニケーション能力なども必要となります。また、小さな子供にとって怖い存在ではなく、体調の変化などを打ち明けやすい雰囲気でいることもまた、こども病院で働く医師に求められる条件と言えるでしょう。

こども病院の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP


Copyright (C) 2016-2018 こども病院医師求人ナビ【※推奨サイト比較など】 All Rights Reserved.